33歳ガリ+童顔男、漢の貌に変わる

俺は童顔ガリおまけに165cmの低身長のおっさんが頑張ってるブログ

伝説の女 スズキ3

元カノはメンヘラだらけ。

どーも、かなたです。

 

 

 

 

 

早速ですが、

みなさんはメンヘラ女の性欲がものすごいことを知っているだろうか。

 

 

 

 

5分、二人きりになろうもんならすぐに…

 

 

 

「シテッ!!(プリッ!)」とケツを突き出してくるのだ。

 

 

 

ある日、そんな元気もなくて、スズキの横で居眠りをこいていた俺は、

 

 

 

スズキの股間による顔面騎乗攻撃をウケた。

 

 

何もしてなくても濁って泡立つしるを鼻先に元ごと近づけられ、

あまりのクサさに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺「

f:id:whatdoyouwant-kanata:20180417011010j:image

エンッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

とまあ、それくらい性欲が半端なかったスズキだ。

 

 

 

 

 

 

 

また別のある日、そんなクサイ股間をくん2していた時のこと。

 

 

 

 

もちろんクサ元を出す場所にアゴが触れないようにする俺。

 

 

 

そういう角度で舐めていると、

 

 

もちろん前歯があたりそうになるので、一応俺だって人の子。

痛くないようにちゃんと気をつけていたんだ。

 

 

 

 

 

盛り上がるスズキ

 

 

 

 

 

 

 

気持ちよさに腰を振る⁝(ᵒ̴̶̷᷄൧̑ ᵒ̴̶̷᷅ )⁝

 

 

 

 

その時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガスッッ!!

 

 

 

 

 

 

 

腰を振った勢いでスズキのクリに

 

 

 

俺の前歯が思いっきり当たった。

 

 

 

 

 

 

 

 

スズキ「ッッッッッッ!!!」

 

 

 

 

 

 

かえるポーズのまま俺から離れ、両手で股間を抑えながらのたうち回るスズキ

 

 

 

 

 

 

 

その光景にがんばってこっそり気が付かれないように爆笑する俺

 

 

 

 

 

 

俺「だ…大丈夫…?(爆笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スズキ「……クァッ!!!(股間おさえてゴロゴロ)」

 

 

 

 

 

俺「!!!!(爆笑)」

 

 

 

 

 

すごい地獄絵図だった。

後片付けもせず「さよなら」

今日は初仕事でした。

 

18時で上がってくださいねーって言われたから上がってきたけど、

なんかみんなゴミ集めしてたな…

 

 

なにかしますか?すらいわず退社したで。

 

 

この新人つかえねーーーな!

f:id:whatdoyouwant-kanata:20180416184516j:image

基本情報技術者試験 いけたか!?

午前と午後の解答速報が出た!

 

早くツイートしたから、まとめサイトに載せてもらえました。

f:id:whatdoyouwant-kanata:20180415225638p:image

 

自己採点で午前79点、午後71点

 

午後はどういう配点かよくわかんないから単純に割合から算出した。

これが点数だといいな!!

今日は試験、明日は入社式

まじ三味線…。

 

彼女とみっちり一緒にいた日々がおわる。

 

三味線ー💦

 

f:id:whatdoyouwant-kanata:20180415075909j:image

 

楽しかった。

これ以上に楽しく過ごす。

 

 

でも今は三味線ー💦

伝説の女 SHIGETA1

元カノはメンヘラ。

 

 

 

 

どーもかなたです。

 

 

 

 

 

最強のメンヘラはスズキですが、

 

 

 

 

 

 

メンヘラっ氣のある女は多いもんで。

 

 

 

 

 

やはりブスで

 

 

 

いうなれば

 

 

f:id:whatdoyouwant-kanata:20180411230226j:image

 

 

 

アジアン隅田。

 

 

 

 

 

似てね?笑笑

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はそんな隅田に似ているSHIGETAのお話を。

 

 

 

 

 

 

SHIGETAとは一時期婚約していて

 

 

 

 

 

実際に1年ほど一緒に住んでいた。

 

 

 

 

 

 

その頃、俺はもう、えりなに気持ちが向いていて、遊び歩いていた時期だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日SHIGETAと2人で風呂に入っていると、

 

 

 

 

 

 

シャンプーをつけたての頭をこちらに寄越してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

SHIGETA「オノシャン…アラッテクダシャイ」

 

 

 

 

 

 

 

別に俺にシャンプーをしてもらうことを【オノシャン】という業界用語で言っているのではなく、『小野さん』と俺のことを呼んでいるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん冗談だと思う俺

 

 

 

 

 

 

 

俺「やだよ笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

SHIGETA「エエエー!アラッテクダシャイ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

まじか!こいつ!

そこを洗ってもキスした時の鼻息はクサいんだが!

 

 

 

 

 

俺「やだって!!」

 

 

 

 

 

 

少し怒る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHIGETA「グェェェ!アラッテヨォー!アラッテヨォー!!」

 

 

 

 

 

 

怖い…

 

 

 

 

 

 

 

俺「やだって!自分でアラッテヨォー!」

 

 

 

 

 

 

 

裸で泣き喚きだすSHIGETA

 

SHIGETAが乗り移り出す俺

 

 

 

 

 

 

 

 

SHIGETA「ゲシャァァァァ!!ナンデーー!アラッテヨォー!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

なにこれ。

結末は覚えていない。

伝説の女 スズキ2

20歳の頃に付き合った女は

 

 

 

 

メンヘラ。

 

 

 

 

どーも、かなたです。

 

 

 

 

 

メンヘラというのは、

 

 

 

ブスで彼氏に甘えまくる。

 

 

 

 

 

 

…ごめん、ブスとは限らねーや。

俺が付きあったヤツはブスだったがな。

 

 

 

 

 

 

とにかく人混みでも甘えまくる!

 

 

 

 

 

コツメカワウソばりに

 

 

甘えまくる!キューンキューン!

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ある日の話をしよう。

 

 

 

 

 

 

そこは横浜駅西口。

 

 

 

 

 

ハーゲンダッツの店舗があったんだ、当時。

 

 

 

 

今はあるか知らん。

 

 

 

 

 

俺は横浜駅西口のバイト先で17時からバイト。

 

 

 

 

 

その前にスズキと会っていた。

 

 

 

 

 

バイト前にハーゲンダッツでチョコアイスを買い、

 

 

外のベンチで横並び。

 

 

 

 

 

 

ハーゲンダッツをめちゃくってた。

 

 

 

 

 

 

ちょ、これ。うめえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃の俺は既にスズキをブス認定していたもんで、

 

 

 

 

 

 

横並びなら尚更顔を見ずに話す。

 

 

 

 

 

 

時は16時45分。

 

 

 

 

 

 

俺「俺、そろそろいくね」

 

 

 

 

 

 

スズキ「うん…ぅわーん💦しゃみしー」

 

 

 

 

 

三味線ー💦

 

 

 

 

 

ではなく、さみしいと言っているのだろう(多分)

 

 

 

 

 

 

 

俺「う、うん…また明日(うぜぇ)Oo。.(´-`)」

 

 

 

 

 

 

スズキ「いゃぁーん💦三味線〜💦(言ってない)」

 

 

 

 

ガバッ…!

 

 

 

 

 

 

横浜駅西口駅前で、獲物を見つけたタコの如く俺に絡みつくスズキ

 

 

 

 

 

 

スズキ「うふぅ❤」

 

 

 

 

 

 

べりっ

 

 

 

 

 

俺から離れるスズキ

 

 

 

 

 

 

 

スズキ「…あっ!」

 

 

 

 

 

スズキが見てる先、

 

 

 

 

それは俺の鎖骨辺り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコの跡がペットリ~ナ!!

 

 

 

 

 

俺「キタネー!!!!(驚)」

 

 

 

 

 

スズキの顔を見る俺

 

 

 

 

俺「キタネー!!!!(もっと驚)」

 

 

 

 

 

なんと17歳女子高生スズキの口の周りを囲うようにチョコレートアイスが…!

 

 

メンヘラは口ヒゲも生やすのかー!!!

 

 

 

 

 

俺「おい!年考えろよ!💢 ⚡」

スズキ「だってぇ〜💦」

 

 

 

あまりの出来事にブチ切れる俺

口ひげ生やしながら泣きわめくスズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、メンヘラの立ち直りは早すぎるので、

その後スズキの書いたこの出来事の話は

「子供っぽいわたし」として

 

チャームポイントとして描かれていた。

 

 

 

 

ソンケー!!!

伝説の女 スズキ 1

20歳で付き合った女はメンヘラでした。

 

 

 

 

 

 

その名もスズキ

 

 

 

 

 

 

 

ソイツはかなりの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブス

 

 

 

 

 

 

 

 

好きになった当初はもちろん

 

 

好きになってしまったら

 

 

どんなブスでも可愛く見えるものだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はソイツがブスだと気がついたのは、

 

付き合ってからデートして3回目だった。

 

 

 

 

 

コンビニで黙って

 

コピーを取ってる横顔

 

 

 

 

 

 

 

 

俺(あれ?なんかブスじゃね?)Oo。.(´-`)

 

 

 

 

 

俺は想いを打ち消したかったから言った。

 

 

 

 

 

 

俺「かわいーね…( ´ཫ`);;;;」

 

 

 

 

 

ブス「うふぅ❤」

 

 

 

 

 

きめぇ(;゚;ж;゚;

 

 

 

 

あるある。

 

 

 

 

 

が、スズキに対するブス意識の始まりだと思っていたが実は違ったことを思い出した。

 

 

 

 

 

 

それは好きになりたての頃、

スズキをネットで検索していた時だった。

 

 

 

 

 

検索したのは好きな人の画像がネットに落ちてるなら見たいという気持ちからだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

出てきた。

 

 

 

 

「〜〜小学校〜〜の作文で受賞したスズキさん」

 

 

 

 

 

 

おお、わかりやすいバナー

 

 

 

 

アイツに間違いない

 

 

 

 

 

 

 

ポチッ

画像があった

 

 

 

 

 

 

 

f:id:whatdoyouwant-kanata:20180407115331j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(何この笑顔のブス。スズキはどこだろう)Oo。.(´-`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、もしかしてこんなブスなの?

 

 

 

 

 

 

 

画質は悪かったが、ところどころの特徴がスズキなのだ…!

 

 

 

 

 

 

 

俺は高速で見たことを忘れ、

魔の花畑への道を進むのであった。

 

 

 

 

 

 

 

がぼぼん

ぶびび